【梅雨対策】梅雨時期なぜ髪が膨張するのか?髪の膨張のメカニズムとお手入れ方法

 損傷毛の方が吸水性が高いから広がる!?

髪を触る女性梅雨の時期など湿気の多い日、朝セットしたはずの髪の毛が広がってしまったり、変な癖が出てしまったりという経験がある方は多いと思います。
どうして湿気が多いと髪が膨張するのでしょうか? その対策はあるのでしょうか?

ひと言で表現するなら「 髪の毛の中でボタンの掛け違えが起こっている!
寝癖を直す時、髪を巻く時など、スタイリングをしようとする時には髪を濡らして乾かしながらヘアスタイルを作っていくのが一般的です。


これはなぜかというと、髪の毛は濡れると内部の「水素結合」というものがほどけ、乾く時にまた水素結合が結びつくからです。
その水素結合の結びつき方で、髪の毛の形が変わってくるのです。
(もちろん髪の形は水素結合だけで決まるわけではなく、その人本来の髪のもともとの癖というものもあります)

ワイシャツのボタンを正しく掛けていれば、前面の合わせ部分はまっすぐになります。しかしボタンを一つ飛ばして掛けてしまったら、ぐちゃっと曲がってしまいます。曲がった髪の毛の内部では、いわばボタンの掛け違いのような現象が起きています。
髪の毛は水分を含むと内部でボタンが外れ、乾くとまたボタンが掛けられるという風にイメージして下さい。

だから湿気の多い日は空気中の水分を髪の毛が吸ってしまい、セットしたはずの髪の毛1本1本の水素結合がほどけて、セットが戻ってしまうのです。

【エイジングケア】馬油配合で女性に人気のスカルプシャンプー「ウーマシャンプー」で艶髪へ
エイジングケア!シャンプーも化粧品と同じです 髪がやせて細くなって、ボリュームが減ってしまった、、髪にハリやツヤがなくなって老けて見え...
◎【女性に人気】ミツイシ昆布エキスでミネラル補給を!ハリ・コシを取り戻したいなら→→→

広がらない髪は「根元」が大切

毛先が変にハネたり広がったりしてしまう場合、実は髪の毛の「根元」をきちんとしてあげると落ち着く場合がかなりあります。最初はわずかな角度のズレでも進んでいくと大きくなるように、わずかな根元の乱れが毛先に行くにしたがって大きなうねりになってしまうのです。

ベルタ育毛剤
女性のためだけに開発された完全女性専用の育毛"美容液" 浸透・吸収を促すナノ化した32成分 女性の薄毛・抜け毛の原...

根元をきちんとするというのは、毛根をきちんと立ち上げることです。毛根を立ち上げると頭頂部がぺしゃんこにならないため、ボリューム不足や分け目が気になる人などには特におすすめです。そして不思議なことに、根元をきちんと立ち上げると側頭部の髪の毛はうまい具合に落ち着いてくれます。

根元を立ち上げるためには髪の乾かし方が重要です。
根元から指を差し入れ、ドライヤーをかけながら大胆に指をジグザグに動かしましょう。髪の毛を思い切りグチャグチャにするくらいの気持ちで髪を根元から立ち上げ、毛根をマッサージしてほぐします。この時爪を立てると頭皮を傷つけますので、あくまで指の腹を使うようにして下さい。てのひらの付け根を使ってもいいでしょう。
この時ドライヤーの温風で髪や頭皮が高温になりすぎると傷める原因になりますので、ドライヤーは髪から10cm以上離すようにして下さい。

花蘭咲(からんさ)
女性の頭髪・頭皮の悩みに特化することで問題解消 女性用に作られた特別な薬用育毛剤 天然の植物だからこそ生まれた効果 ...

乾かした後、もっと乾かす!!

乾いたら、根元から立ち上げマッサージしてグチャグチャになった髪を手ぐしで戻してみましょう。意外と落ち着いてハネなどは気にならないはずです。
そうしたらもう一度、髪の根元に指を入れてドライヤーの風を当て乾かします。きちんと乾かしたつもりでも根元には結構湿り気が残っているもので、それがスタイリングのアラにつながります。

いくら乾かしたところで、湿気が多ければやはり髪の毛は水分を含み水素結合はほどけてしまうものです。しかし髪を完璧に乾かして朝のスタイルがほぼ100点で決まっていれば、日中の湿気によって15点ぐらい完成度が下がっても85点、まあ許容範囲ではないでしょうか。
しかし根元に湿り気が残ったままスタイリングを終えると、スタイリング直後は良くても、時間が経つにつれ根元にゆがみが出ます。髪の根元はスタイリングの基礎、いわば土台ですので、根元が不完全なだけで髪型全体に影響してきます。

根元が乾ききっていないことによってアラが出て、90点の出来栄えであればどうでしょうか? 湿気が少ない日はそれでも良いでしょう。しかし湿気によって15点完成度が下がったら……75点です。85点と75点では、やはり他人に与える印象が少なからず変わってきます。

きちんと乾いたら最後はドライヤーの冷風機能を使います。知らない方も多いと思いますが、ドライヤーの冷風というのはスタイリングの最後の仕上げ、固定のために使います。暖かい空気の方が冷たい空気よりも水分を含みやすいので、冷ますことで髪の周りの空気の水分を減らし、せっかくスタイリングした髪がなるべく水分を含まないようにします。(ただし、頭皮に乾燥ダメージを与えるほど乾かし過ぎはNGです。炎症やフケかゆみの原因にもなりますので過度な乾燥には注意が必要です)
そして最後にヘアスプレーを全体的にかけて固定すると、更にスタイルの持ちが良くなります。

根元を立ち上げてきちんと乾かしても、癖毛などでうねりが残って気になる方には、ヘアアイロンがおすすめです。男性はヘアアイロンを使ったことがない方も多いでしょうが、使ってみるとかなりまっすぐになります。
きれいなストレートヘアの女性によくよく聞いてみると、もともとそういう髪質なのではなく、毎朝ヘアアイロンで伸ばしているということがよくあるものです。

安いものは2,000円程度で手に入りますので、うねりが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

◎ドライアーの熱から髪を守れ!スカルプケアローションは天然の液化ジェル!→→→