女性用育毛剤と男性用育毛剤は育毛成分や効果に何か違いがあるの?

男女の薄毛を比較して分かる事

育毛剤ランキングや口コミを見ていますと、「女性用育毛剤」「女性専用育毛剤」や「男性用育毛剤」「男性専用育毛剤」などが区別してあったり、「男女兼用育毛剤」という点をアピールしている商品があります。

実際、女性と男性の脱毛や薄毛にどんな違いがあるのかと疑問に思う事はないでしょうか。

最近では女性の薄毛や脱毛の悩みが増加していることから、巷では女性専用の育毛剤も実際に増えていると感じます。女性の社会進出も関係しているのでしょうが、悩みの種類はどう違うのか男女の薄毛について比較してみましょう。

女性にはどんな育毛剤が必要?

妊婦まず女性の薄毛・脱毛は、頭髪の一部分ではなく全体に薄くなる事が多いようです。
女性の脱毛の要因の一つに、女性ホルモンの働きによるものがあげられます。特に産前産後の女性ホルモンのバランスは崩れやすく、髪の寿命に大きな影響を与えたりします。産後6ヶ月前後に脱毛・抜け毛が目立つ事は一般的です。

産前までは、肌をきれいに保ったり、女性らしい体つきにやツヤのある髪の健康に欠かせない「エストロゲン」という女性ホルモンが増えていくのですが、産後に減少し始め、肌や髪、精神にまで影響を及ぼしたりします。
また出産に関わらず、加齢によるホルモン変化や、過度なダイエットによる栄養不足・貧血なども大きな要因の一つと言えるでしょう。

従って、女性の薄毛に大きな影響を及ぼす女性ホルモンを整えるイソフラボン、マカ、ローヤルゼリー、ザクロエキスなどの成分が配合された育毛剤が求められるでしょう。

【女性の薄毛の悩みに特化した無添加オススメ育毛剤一覧↓↓↓】

女性用育毛剤 一覧
女性用育毛剤比較表 内容量 初回価格 無添加 返金保証 有効成分頭皮ケア成分 産前・産...

貧血も薄毛の大きな原因

若い女性にもよく見られる「貧血」は、脱毛に直結しやすく、頭皮や皮膚の乾燥を引き起こしやすいので痒みや炎症の原因を作りやすいと言えます。鉄が不足すると、髪を形成するたんぱく質ケラチンが上手く作れないので、皮脂分泌も低下し頭皮や毛髪も潤いをなくしパサパサ状態になると考えられます。

以上のような原因を分析すると、加齢や乾燥をケアしてくれる栄養成分や保湿効果の高いイソフラボンや、ミツイシコンブエキスなどを含んだ育毛剤や、刺激や副作用の少ない天然植物成分が多く配合され、精神的にも落ち着くアロマやリフレッシュ効果の高い柑橘系の香りを取り入れた育毛剤が人気を集めている事が分かります。

→マイナチュレ公式サイトへマイナチュレ公式サイト

→リリージュ公式サイトへリリージュ公式サイト

男性に必要な育毛剤・発毛剤とは?

悩む男性男性によく見られる男性型脱毛症(AGA)には、額の両側からMの文字のように薄毛になるM字ハゲ(Mハゲ)や、後頭部から頭頂部が丸く薄毛になるO型ハゲ、生え際からどんどん薄くなり後退していくU型ハゲなどがあります。

多くの脱毛・薄毛は前頭部、頭頂部に多く存在している男性ホルモン「5-αリダクターゼ」という酵素が脱毛指令をだす「DHT」というホルモンに変換され、成長期にある毛髪まで脱毛させてしまうというメカニズムです。

また男性ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になり、毛根を清潔に保てず脱毛を引き起こしたり、逆に皮脂を取り過ぎて頭皮環境を正常に保つ事ができずにトラブルを引き起こしたりすることがあります。

したがって、男性育毛剤に求められるのは、男性ホルモン抑制作用、血行促進作用、抗菌作用、皮脂分解成分などが上手く配合されている育毛剤と言えるでしょう。

また、女性に比べて、少しメントールなどのさっぱりした清涼感を好む傾向があります。

→ポリピュアEX公式サイトへポリピュアEX公式サイト

→CHAP UP公式サイトへCHAP UP公式サイト

→ブブカ公式サイトへブブカ公式サイト