頭皮について

健康な頭皮とは?

頭皮が健康かどうかはできれば専門機関の特殊なカメラで見て判断してもらいましょう。毛穴に余計な皮脂が詰まっておらず皮も剥がれ落ちていない状態が健康な頭皮です。この毛穴に皮脂が溜まると髪の毛の成長を止めてしまったり、生えてきても細い髪の毛しか生えてこない可能性があります。また、皮が剥がれているとその落下と共に髪の毛が抜け落ちてしまうので、それも薄毛の原因になるでしょう。

自宅で調べることができる頭皮チェックとしては色と硬さ、そして脂の程度などがあります。色は青白い状態が健康な頭皮であると言われています。赤みがかっている頭皮は炎症を起こしている恐れがあるので、抜け毛に繋がり薄毛を引き起こすことが多いでしょう。黄色い色の頭皮も健康であるとは言えません。
硬さは柔らかいのが健康な頭皮状態を示しています。マッサージしやすい硬さの頭皮がベストであり硬いと頭髪が毛穴から生えてきませんし、逆に柔らか過ぎると抜け毛が多くなるので薄毛になりやすいと言えます。
脂ぎっているということは皮脂が多いことを示しているので頭皮は健康であるとは言えません。これも乾き過ぎていては髪の毛によくないので適度な脂っぽさが必要となるでしょう。

頭皮のタイプ

頭皮のタイプは大きく2つに分けることができます。1つはオイリータイプ、もう1つはドライタイプです。オイリータイプの頭皮は皮脂の分泌が過剰で、ドライタイプは全く逆の状態なのですが、どちらが良くてどちらが悪いということは言えません。皮脂は多過ぎても少な過ぎても薄毛・脱毛の原因となるので、適度な皮脂の量を保っておくために努力しなければならないのです。

頭皮を指で触れてみてベタベタとした印象を感じる人はかなりのオイリータイプです。そのままにせずに清潔に保つようにしてください。フケが多く皮がよく剥がれたりなどの症状を感じる人はドライタイプの頭皮である可能性が高いです。適度に脂分を与えてあげなければなりません。もしフケが多くても、そのフケに湿り気を感じればオイリータイプかもしれないので、頭皮タイプの判断は間違わないようにしましょう。

頭皮のタイプは生活習慣も大きく影響しています。スカルプシャンプーのメーカーでは頭皮のタイプをチェックするサービスをサイト上で提供していることがあるので調べてみましょう。あくまでも簡易的なものですが、今後の頭皮ケアの参考にはなると思います。
生活習慣が影響しているということは、そこを改善すると頭皮のタイプも変わると考えられるのです。

頭皮の血行をよくするには

脱毛を予防する為には血行の改善を試みなければなりません。血液は全身に栄養を運んでくれる大事な道路であり、血行が悪ければ髪の毛に栄養が行き届かず成長もしませんし新しく生まれもしないのです。

頭皮の血行を良くする為にはマッサージが有効です。ツボ押しなどでもいいでしょう。頭だけではなく首のあたりもマッサージしてみましょう。この時に力の入れ過ぎには注意してください。頭皮を傷めては意味がありませんし、自分で行うマッサージは力が入りがち。これによって「疲れる」という感情を持ってしまうとストレスが溜まるので血行は良くならないでしょう。
そうです、ストレスを解消することも血行を良くする方法のひとつなのです。特に笑うと全身に血液が回るようになるので、1日に何回も笑えるような場面を作ってみましょう。

適度な運動も血液量を増やし頭皮には良い影響を与えてくれます。無理して運動すると逆効果なのでウォーキングなどの楽な有酸素運動を定期的に行うようにしてください。運動が難しい人はゆっくりとお風呂に使って血液の流れを良くしましょう。血管を広げる、もしくは強くする食生活もとても重要です。
頭皮の血行をよくする方法は色々とあるのですが、どれかだけではなく、できるだけ多くのことを実行することで有効な薄毛対策になるでしょう。

アトピーについて

肌のアトピーと違って頭皮のアトピーはなかなか目立ちません。ケアも難しくその症状に気が付かない人もいるようです。しかし頭皮のアトピーはそのままにしておくと抜け毛の原因になり薄毛へと繋がる恐れがあるので適切な対処をすることをおすすめします。

頭皮のアトピーはなかなか研究が進んでいないのですが、主に遺伝や乾燥肌によるもの、そして生活習慣や環境などに原因があると言われています。アトピーになると頭皮にかゆみを伴い、それがやがて痛みへと変化したり傷ができてしまうこともあります。他にもフケが多くなることがあり、こういった頭皮状態の悪化が抜け毛を招いてしまうのです。

頭皮のアトピーは生活環境を変えることで改善することもありますが、まずは頭皮を清潔に保つことと、水分を十分に与えてあげることが重要です。抜け毛が多くなるとどうしても洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗いたくなりますが、アトピーの人の場合はむしろ症状を悪化させてしまう恐れがあるので医師に相談してからの方がいいでしょう。薬を服用する場合も同様です。AGA治療に通う時などは肌の状態チェックをしてもらえると思いますが、アトピーであると判断された場合にはまずはそちらの治療をする方が先決となります。